スポンサーリンク

このブログはJUGEM+で作成されています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

上海旅行-お茶詐欺に遭いました-

JUGEMテーマ:中国語

上海旅行2日目、南京東路で起きたお茶詐欺について。

南京東路駅で降りて、外灘へ向かう一本道、旅行者風の中国人2人に写真を撮ってくれないかと頼まれました。
1人は30代過ぎぐらいに見える中国人の男、もう一人は20代後半から30代前半に見える中国人女性(自称大学生)。
2人とも見かけは優しそうで人を騙しそうにない感じ。

日本でもたまに写真を撮ってくれないかと頼まれることはあるので何も警戒せず写真を撮りました。
それから初めは英語で喋りかけてきたので英語で答え、中国語の勉強にもなると簡単な単語や文章は中国語も織り交ぜて話していたのですが、どうやら中国の地方から来た、中国では建築関係の仕事をやっている、二日前に上海に来た、日本に行ってみたい、立ち話もなんなので茶馆に行かないかとのこと。ちょっと話も盛り上がったのでそのまま自分は何も警戒せずに着いていきました。
この時自分に対しては中国人男性、中国人女性はユースケに英語で話しかけていて、自分とユースケを上手く二分されてしまった感がありました。

着いた先は小さなお店の中を入った先の二階にある茶馆。(つまり外からは茶馆とは分からないような場所)
中はかなり本格的で、若い女性店員がお茶の説明と実際にお茶を入れてくれるようで、初めにメニューを一瞬見せられ、料金の説明(お茶のポット一つにつき50元)、女性へのサービス料を払う等々。
そこまでたくさん飲む気はなかったのでまぁこれぐらいなのかと思ったら、そこから店員の中国語の説明を受け、またお茶の杯の持ち方(男女によって違う)中国における数字、お茶の意味、歴史なんかを男性が英語で訳してくれるという流れに。その英語も分かりやすく、かつメモ用紙で所々の単語を書きだして教えてくれるという親切ぶり。

途中であまりにも調子良く、しかも説明が上手過ぎるのでこれは詐欺だと気付き、お金はいくら?学生だからあまり持ってないし、友達(ユースケ)は上海に来たばかりだから元持ってないよと言い、向うもそれ以上粘ることはせずに引いてくれました。
計4種のお茶を飲み(そのまま行けば6種類まで飲む予定だった)、清算したら大体ユースケと自分2人で大体600元。向うは日本語が分からないようだったのでユースケに財布は出さないでと小声で言って(下手にお金持ってる所見られると食いつかれそうで)600元払って退散。お土産にお茶を買わないかとも言われましたがそれもあまりにも高かったのでいらないと言いました。男性はお茶を買い(多分パフォーマンス)、女性はクレジットカードで彼らの分の支払いを済ませたように装い(店員はクレジットカードを持って店の奥へ)、その間に何故か男性が自分たちに買ったお茶をお土産にとプレゼント。あとお守りのようなものも二つくれました。

ちなみに店内は仏教がどうのこうので写真撮影禁止でした。
最後に男が店外で写真を撮ろうと言い、最後まで写真好きな体でいましたが(それか騙した人の写真を集めてる?)、それに合わせてこちらのカメラで写真を女に撮ってもらいました。


*お茶詐欺の人。
晒していいものか分からないので初めは目に黒線を入れたものを出そうと思ったのですが、結構晒している方もいらっしゃるようで被害が少しでも減るようにとUPします。

ちなみに豫園城や人民広場でも写真を撮ってくれないかと言われました。
人民広場では20代後半の男が3人、女性が1人でこれまた最後は茶館に行かないかという流れで行きませんでした(こちらは日本語が少し話せました)
豫園城ではもう撮る気にもならなかったので無視しましたが男2人。

同じ詐欺に遭われた方も多くいるようで、下記サイト様も参照して頂ければと。

:人は生まれて、愛して、死ぬだけ 2 様
http://gold.ap.teacup.com/shengpijiu2/965.html

:World Travelog.net 様
http://worldtravelog.net/2015/03/tea-ripping-off-shanghai/

中には数十万ボラれたり、強面の男が出たり、逆に日本人が金も払わず逃げ去ったなんて話も。
大連でそういったことは聞かないので、中国で慣れた頃に上海に行かれる際はより注意してください。
写真を撮るよう頼まれても断る、茶馆に誘われても行かないように。

スポンサーサイト

  • 2017.01.13 Friday
  • -
  • 10:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
スポンサーリンク