スポンサーリンク

このブログはJUGEM+で作成されています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

留学239日-チャイナユニコム-

JUGEMテーマ:中国語

最近微信の調子が悪いなぁなんて思っていて、試しにWIFI接続してみたら問題なく微信は動作しました。
チャイナユニコム自体が使えなくなったのかなと。
それで携帯に入ってきているショートメールを確認すると、どうやらチャージ分が切れていて早くリチャージしろという催促の後、ストップされていました。
去年の9月にSIMを買った当日に200元程しか入れておらず、それからチャージしないでずっと使い続けていたのですがよくぞここまで持ったものだと。ネットは基本PCとWIFI接続したiPhoneでしか使っていないので、基本外で使う微信用のものと割り切っていたのですが、日本で考えると凄い節約出来ているんだなぁなんて。

私は中国联通(zhōngguóliántōng)、チャイナユニコムのSIMを使っているんですが、止められた流れは下記のような感じです。

温馨提示:我们尚未收到您的通信费用,请您及时交费。逾期交费,将被停机。登录网上营业厅www.10010.com,查询、交费、充值、方便又实惠!
*まずこのメールが来て足りないよと。

温馨提示:您因未及时交费将被限制呼出,请尽快交费,以免产生欠费违约金。
*5日間放置していたら早く払ってと。

温馨提示:您由于逾期未交费,将被停机,请您及时交费。
*さらに3日後に停めましたと。

ネットでも払えるようなんですが、それも中国の銀行カードのネットバンキングでの支払いのため、自分は持っていないので使えず。

売店などでリチャージ用のカードを買って、そのカードの番号をショートメールで送りリチャージする方法は知っていたのですが、どうやら停められてしまったので無料で残高が確認できるショートメール自体も送信出来ず、この方法は使えなさそう。
ネットで調べてみても停められた後に払う方法などは特に発見出来ず。停められてから30日過ぎたら完全に使えなくなるとのことなので、まだ払えば同じ番号が使えるのかなぁと。
それで中国联通のお店に行くことにしました。新しくSIMを買いなおせば済む話なんですが、まぁどうにかなるだろうと。

百度地図で調べると最寄りのショップは東財東門のローソンの隣とかなり近かったです。
携帯と念のため本人確認用にパスポートと学生証、クレジットカード、お金、筆談用にメモと電子辞書を持参。
お店に入り、携帯のショートメールを見せて交费したいと言ったら、 ATMチックな電子パネルへ案内されました。

停められているのに出来るのかなと疑問に思いながら、操作。
現金で払うボタンを押して、携帯番号を二回入力、100元を入れて払い込み完了。
5分も経たずにショートメールが来て、74元分チャージ出来たとのこと。試しに10010にcxyzと入力して送信してみたら無事に送れ、ちゃんと残高確認出来ました。

結構気合入れて行ったのですが思いのほか簡単に出来ました。

スポンサーサイト

  • 2017.01.13 Friday
  • -
  • 23:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
スポンサーリンク