スポンサーリンク

このブログはJUGEM+で作成されています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.03.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

留学275日-中国語と英語と-

今日休み時間中に久しぶりに大連に来た当初隣の席にいた韓国人のJ君と会い、少し会話を。
来た当初は英語でしか会話出来なかったのに、今は何とか中国語だけで会話出来ました(所々分からない部分があったけれども)

てっきりJ君は私同様社会人を辞めてこっちに来た人だと思っていたら、よくよく聞けば韓国の大学生で今学期終わったら韓国で残り1年大学生活をして仕事を探すそう。
私も日本に帰って仕事を探すと言ったら、東財で院生になったらどうかと聞かれましたが年齢の面もそうだし、お金稼がなくちゃと。
J君は高級クラスに入っていて中国語もかなりペラペラ。韓国人は勉強できる人が多い気がします。
中国で仕事を探す気はないのかと聞いた所、給料や環境の面でも韓国で探すと言ってました。中国語を仕事に使えるかどうかは分からないけど、メインは英語ということで韓国に帰ったら英語に磨きをかけるんだとか。

出来はともかくとも、 知見を広げるために中国に来たという点 はJ君と私結構似ていて共感出来るものがありました。

しかし韓国の就活は大変そうだ…。
日本も大変ではないかと言われれば大変だとは思うんですが、 有効求人倍率がかなり上昇してきているので少しは楽観視出来るかも。
今年の正社員の有効求人倍率は0.85倍。自分が就活した時の2010年(2011年卒)の時は 0.30倍だったから、この差は凄いと思うとともに個人の努力どうこうではなく、大きな力というか流れに逆らえない時ってあるもんだよなぁなんて思ったり。
とはいえこれハローワークへの求人とそれに登録する人の割合らしいので世の中を正確に表しているとは思えないのですが、それでも一つの指標にはなるのかなぁと。

スポンサーサイト

  • 2018.03.07 Wednesday
  • -
  • 23:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
スポンサーリンク