スポンサーリンク

このブログはJUGEM+で作成されています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.11.06 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

個人でのX1VISA取得方法

JUGEMテーマ:中国語

前回の個人でのX1VISA取得方法,砲砲董⊃柔曾駑爐了前準備が整いました。
では、実際に申請しに行きます。

〜大使館で申請〜
私が申請しに向かった場所は、六本木駅近くにある中国駐日大使館です。
管轄の県なども中国大使館のHPに記載されているので、確認しておきましょう
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/oo99/t913435.htm

開館時間は月曜から金曜の9時〜12時。土日と中国と日本の祝日はお休みのようです。
午前中しか大使館内に入れませんので、注意が必要です。

申請日にはお金の支払いはありません。
普通申請と緊急申請(申請日の翌日に受領)の2種類がありますが、緊急申請は別途お金がかかります。
私は普通申請を行いました。

私は9時前に大使館に到着したのですが、開館待ちの人で道路に40人ほどの列が出来ておりました。
中に入るには、手荷物の検査と空港等にある金属探知機(?)のようなものを通ります。
はさみやカッターをお持ちの場合は、検査する職員の人に必ず渡してください。

中に入ると、どこで手続きをすればいいのか特に書いておらず、私は職員の人に聞きました。
まず3Fに上がり、カウンターで必要書類の確認をされます。この時点で申請書類の有無を確認され、
パスポートのコピーや査証申請表の記入がない場合、コピー機でのコピーや査証申請表の記入を求められます。
事前に準備していなかった方が20人程おり、その人たちが記入している間に次の申請手続きに進めたので、
大幅に時間の短縮が行えました。

カウンターで必要書類を確認されたら、番号札を受け取ります。
銀行の窓口のように番号札による呼び出しがあるので椅子に座って待機しましょう。
呼ばれたら先ほどカウンターで確認された必要書類を提出し、氏名と電話番号を紙に記入、VISAの受領日が記載された黄色の紙を受け取り申請は終了です。
パスポートのコピー等は返却されますが、申請中はパスポートは中国大使館に預けています。
受領日が記載されている紙は受け取りの際に必要なので、必ず失くさないように保管してください。
受領日は申請した日から4営業日となります。

尚、入り口と出口はそれぞれ異なるので、入り口から出ないようにしましょう。


〜大使館で受け取り〜
受領日に大使館へ受け取りに行きます。
1階窓口で、前回受け取った黄色の紙を提出します。その際に申請料金が記載された紙と、番号札を貰います。
1階にある券売機で申請料金分の券を購入します。私の場合、申請料金は3000円でした。
申請料金が記載された紙、番号札と購入した券を窓口で提出してパスポートを受け取り、終了です。

パスポートに発行されたVISAが貼ってありますので、期日をよく確認しておきましょう。

以上で、個人でのX1VISA取得は終了になります。



 

個人でのX1VISA取得方法

JUGEMテーマ:中国語
 
X1の学生VISAの申請については、代行業者も多くありますが個人でも申請出来ます。
中国大使館が近距離にあり、時間に余裕がある場合は個人で行ったほうが安いです。
申請と受取りのために2度大使館に行く必要があるため、遠距離の方は業者に頼んだほうが安くなります。

私は個人で申請を行ったのですが、申請方法についてネットで調べたら情報が古いサイトが多く、混乱してしまいました。
下記に2015年7月21日現在の個人での申請方法についてまとめましたので、ご紹介します。



〜申請書類準備〜
  • パスポートとパスポートのコピー1部(顏写真が載っているページ)
  • 証査証申請用紙に貼付する証明写真1枚(3×4cm)
  • 入学通知書とコピー1部
  • JW201、またはJW202表の原本とコピー1部
  • 記入済みの査証申請表
入学通知書とJW201,またはJW202表は、中国の留学先で留学手続きを行うと郵送されます。
申請を行う中国大使館ではコピー機、証明写真ボックス、査証申請表が置いてあります。
しかし、記入するのに時間がかかることもあり大使館内で手早く申請出来るよう、事前に準備しておきましょう。


ー査証申請表の記入についてー

査証申請表は中国大使館のHPでDL出来ます。
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/hzqzyw/t1071920.htm
私は日本語と中国語のフォーマットの査証申請表を片面印刷し、日本語で記入しました。(留学先の住所等は中国語で記入)

記入については、下記サイト様のサンプルを参考にしました。
シーアイティーエス・ジャパン株式会社
http://www.citsjapan.jp/index.html
株式会社日中青年旅行社
http://www.jcyts.co.jp/visa/china.html
*2.2 予定入国回数の項目について
X1VISAでは1次を選択してください。
中国に入国後、外国人臨時居留許可証を発行した後、出入国自由になります。
一旦入国して居留証が発行されないうちに帰国した場合、Xビザは失効するので、注意が必要です。
*2.5中国滞在予定最長日数について
私は留学先の卒業日が決まっていても帰国日を決めていなかったため、とりあえず365日と記入したのですが大丈夫でした。




長くなりましたので、個人でのX1VISA取得方法△紡海ます。

-広告-

<< | 2/2PAGES |
スポンサーリンク