スポンサーリンク

このブログはJUGEM+で作成されています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

留学279日-発熱-

JUGEMテーマ:中国語

月曜の朝になりまた発熱。頓服薬飲んで熱冷まシートして授業は休みました。
喉の痛みと熱と、それ以上に咳が酷くて仕方がなかったです。水曜にはけっこさんと勉強しようという話になっていたので、それまでには完治していたいなぁと思いつつ休みました。
が、お昼頃になって身体のダルさはなくなったものの声もガラガラで咳も変わらず。
ナロンエースは発熱と痛みを抑えてはくれるものの喉や咳、鼻水といったものには効果がないようで、頼みの綱の最後のバファリンを飲んで休みました。

また、インスタントの味噌汁に卵を入れて飲む(というか食べる?)と結構体調良くなりました。というか温かい飲み物を飲んだので喉の通りが良くなったみたいです。
卵の白身には塩化リゾチームという成分が入っているらしく、菌やウィルスを殺して免疫力を高める作用があるんだとか。
また、粘液の排出を促進する作用もあり、鼻水やたんも出しやすくするんだそうです。
白身恐るべし。

夜になってまたローソンへ軽く買い物しに行き、リポビタンを飲もうと買い物かごに入れてレジに行ったら珍しくけっこさんが夜もいて、何でリポビタン買ってるのとツッコまれました。
夜寝る前にカフェインの入った栄養ドリンクを飲むのはいけないことだと後で知ったんですが、とりあえず身体に栄養をと思っての栄養ドリンク。なんか色々試し過ぎて実際何が効いたのかもよく分かりませんでした。

留学278日-季節の変わり目と風邪2-

JUGEMテーマ:中国語

朝になってまた熱と咳が酷くなり、予定していたサッカーとチームのKさんの送別会を泣く泣く欠席させてもらいました。
一週間の楽しみの半分はサッカーが担っていると言っても過言ではないぐらいなのですが、そのサッカーも残すところあと数回ですかね。
O君弟がWIFIが使えず、今日のサッカーの場所が分からないということで電話が来たんですが、行けなくなったのに下準備はバッチリだったので場所と時間とグラウンドの入口をPCを見ながら教えておきました。救急箱を持っていて欲しかったので部屋に取りに来ることになったので急いで部屋を片付けたんですが、やっぱり救急箱いらないですよね?って話になって部屋を片付けた意味もなく(でも綺麗になったので良し)また就寝。

夜になり喉の調子がおかしいながらも少し楽になったのでローソンに行き、少しは栄養のあるものをと弁当買ったんですが食べきれず今に至ります。のど飴買い忘れた。
土日ほぼ何もしなかったなぁ…。でも九寨溝に一人旅行く予定を立てて調べたりはしました。中国で一人旅というのは中々チキンな自分からして恐ろしくも憧れる分野です。怖いもの見たさというか…。いえ、九寨溝は美しいはずなんですが。
しかも予定では普通に授業がある平日に。人が多い時には行きたくないし最後の最後なのでまぁ良いでしょうと自分で一人勝手に納得しています。
しかし咳が止まらないです。早く風邪を治さなければっ

留学277日-季節の変わり目と風邪 -

JUGEMテーマ:中国語

実は昨日の焼き肉らへんから結構咳が止まらなくなり、そのまま帰って寝たら熱まで出て来て一日何も出来ずに部屋でひたすら寝てました。バファリンがもうあと一回分しかないのが辛いです。 一応頓服薬としてロキソニンが6錠あり、その内の1錠を使ったらまぁ効果があること 笑
中国でも熱冷まシートがコンビニで買えるのは助かります。10元ショップでも似たようなもの売ってるし。
ただ、ナロンエースとかバファリンが中国のローソンでは売ってないのでそれだけが心もとない。まぁあと一ヶ月程度で、季節変わりの風邪もこれで最後だと思うのでなんとか足りるかなぁと。足りなかったら中国のドラッグストアに行ってみようと思います。

しかし本当に何も出来ず、外に出ることもなく、ひたすら部屋で寝ては起きを繰り返した土曜でした。

留学276日-焼き肉-

JUGEMテーマ:中国語

ちょっと今手元に写真がないので後で写真は後で更新しようと思います。

大体恒例となったけっこさんとの週に一度の勉強会。最近は勉強というよりも雑談が大半を占めています。
教えてもらったのは「神雕侠侣(shéndiāoxiálǚ)」という中国のドラマ。 中国および中華圏で著名な小説家金庸の武俠小説の1つらしく、一話をまるまるスマホで見せて貰ったんですが中国作品らしくアクションが派手。動きとしては日本のアニメに出てきそうな感じです。ゲームで例えるなら三國無双とかそんな感じ。

また、前々からちょっと気になってたので聞いて見たんですが、中国の大体のドラマは実写なのに声優がついてるらしいです。なので所々違和感を感じます。特に子供の声とか大人の女性が甲高い声あげてる感じでちょっと聞きづらかったり。
そういった文化があると北京オリンピックの際にちょっと話題になった子供の口パク(歌っている人は別にいたらしい)も意外と自然なことなのかも…??いや、話を飛躍させ過ぎですかね。

あと面白い話だと思ったのは中国の小学、中学校では基本席を男女隣り合わせにさせないようにしてるんだとか。恋愛防止の意味も込めてるんだそうです。日本だったら早くて幼稚園、または小学生ぐらいの頃には初恋なんかも済ませてるもんだと思ってました。
また、場所に寄るそうなんですが小学生の頃はお昼ご飯を家に帰って食べて、午後2時半に授業再開するところもあるんだとか。

話が視力の話になって、私はフィジーにいたころ目が悪くなってフィジーで眼鏡を作ったんですが、その時使った視力検査表がabcdeとか適当なアルファベットが使われていたので中国はどうか聞いた所、中国では全部Eなんだとか。日本だとCの形の開いている部分を指さしたり声に出したりしますが、実はCの形って世界各国でも少数派らしいです。ちなみにEだと右だそうです。
また、日本の視力検査の結果だと1.0とか2.0とかそういう数字を使うと思うんですが、中国での視力検査の結果は300~400とかで表しているそうです。日本の視力検査の1.0とか2.0という数字は視力自体を表しており、中国の300とか400は眼鏡の度数を表しているみたいなんですが詳細は不明。

そんな話をして、でもけっこさんあまり日本語喋れない(喋ったとしても単語単語や片言なので)ので、自分の間違いもあるかもしれませんが中国語で結構意思疎通できるようになりました。もちろん電子辞書使ったり紙に書いてもらったり逆にこっちが書いたりもしていますが中々の進歩。

その後夜ごはんを食べに近くの韓国式自助焼肉店へ。実は中国来て初めての韓国式焼肉、しかもバイキング。
日本と違うのは店に入る前に押金を払って中に入ること。大体の人は割安のクーポン?を使うためにスマホで会員サイトにアクセスして電子マネーで支払い、支払った画面のQRコードを入口にいるスタッフに見せて券を貰い中に入店。
ここらへん全てけっこさんにやってもらいました。頼もしい。中国の銀行カード作るべきでしたね。
その後は普通のバイキングでした。肉も豚、羊、鳥、牛と豊富。あ、牛タンはなかったかもです。
正直どこらへんが韓国式なのかよく分からなかったですが、久しぶりの焼き肉ほんとに美味しかった。システムがよく分からなかったので今まで入れなかったんですが、もっと前から来れば良かった。一人1000円程で飲み放題食べ放題、アイスもあってかなり良かった。ただ、ひたすら肉を食べすぎて油で胃もたれが。でもとても満足でした。

留学275日-中国語と英語と-

今日休み時間中に久しぶりに大連に来た当初隣の席にいた韓国人のJ君と会い、少し会話を。
来た当初は英語でしか会話出来なかったのに、今は何とか中国語だけで会話出来ました(所々分からない部分があったけれども)

てっきりJ君は私同様社会人を辞めてこっちに来た人だと思っていたら、よくよく聞けば韓国の大学生で今学期終わったら韓国で残り1年大学生活をして仕事を探すそう。
私も日本に帰って仕事を探すと言ったら、東財で院生になったらどうかと聞かれましたが年齢の面もそうだし、お金稼がなくちゃと。
J君は高級クラスに入っていて中国語もかなりペラペラ。韓国人は勉強できる人が多い気がします。
中国で仕事を探す気はないのかと聞いた所、給料や環境の面でも韓国で探すと言ってました。中国語を仕事に使えるかどうかは分からないけど、メインは英語ということで韓国に帰ったら英語に磨きをかけるんだとか。

出来はともかくとも、 知見を広げるために中国に来たという点 はJ君と私結構似ていて共感出来るものがありました。

しかし韓国の就活は大変そうだ…。
日本も大変ではないかと言われれば大変だとは思うんですが、 有効求人倍率がかなり上昇してきているので少しは楽観視出来るかも。
今年の正社員の有効求人倍率は0.85倍。自分が就活した時の2010年(2011年卒)の時は 0.30倍だったから、この差は凄いと思うとともに個人の努力どうこうではなく、大きな力というか流れに逆らえない時ってあるもんだよなぁなんて思ったり。
とはいえこれハローワークへの求人とそれに登録する人の割合らしいので世の中を正確に表しているとは思えないのですが、それでも一つの指標にはなるのかなぁと。

<< | 2/45PAGES | >>
スポンサーリンク